読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある大学三年生の日常

私の自伝になる予定のブログです

初心者必見!~シェーカー上達法~その4


続きですo┐ペコリ



何回やっても凍るようになっていたら既にコツを掴み、混ぜる、冷やすの工程が出来ているという事です!



次に必要なのは、「速さ」です



これを鍛えるために使うのは


60ccぴったりのカクテルグラスが好ましいのですが

Amazonを見たところ65しか見つけれなかったのでカクテルグラス 310ライン 65ml 31033

カクテルグラス 310ライン 65ml 31033


これを使います(*^^)v


まず、シェーカーの中には水を先ほどと同じように15cc2回、30cc1回と60cc入れ、氷をパンパンに入れたら素早く振ります。


前の記事を見て凍らせることが出来た人は、指先がキーンと冷える感覚が身についていると思います


それくらい冷えたら、グラスの中に中の液体をすべて注ぎます!


一回目はきっと

グラスから液体がこぼれるでしょう


ということは?


氷が溶けて水が多くなっているということです。

つまり、味が薄くなっているという事なのです(´・ω・`)ショボーン


しかし、グラスを見ると霜が貼っていると思います(*^^)v

指先がキーンとなるまで降っていたということはそれだけ、冷え、混ざっているということです



何回も繰り返しこの練習をすることにより、徐々にグラスちょうどの分量がシェーカーから出てくるようになったら


この関門も合格です( ´ ▽ ` )ノイェア


次はとうとうリキュールを使っていきますよ!